■豊胸手術について知っておいたほうが良いこと


今は、豊胸手術は広く行われていますが、これまでの豊胸の歴史を見ると、副作用や合併症の連続だったようです。豊胸手術における問題点や注意点も知っておいたほうが良いでしょう。まず、バストの大きさや形状などを理想に完璧に応えるくらいに仕上げるのはやはり難しい、ということです。患者側からすれば、あまりに多くのものを要求すると、手術後に後悔する可能性もあります。女性の乳房は、体の中でも特殊な部分とされるので、そう簡単に再現するのは難しいということです。

豊胸手術を成功させるためには、仕上がったバストの大きさや形状、柔軟性とともに、安全性の継続が求められます。切開した部分の傷跡が残ってしまうこと、わずかながら授乳する際に障害が起きる可能性があること、なども知っておいたほうが良いでしょう。また、人工乳腺法による豊胸手術では、体内に豊胸バッグという異物を入れるので、硬直する可能性があります。ただ、現在使用されている豊胸バッグでは、指示されたマッサージなどのアフターケアを行なうことで、ほとんどの場合が解決できるようです。

豊胸手術を受けて「悪かった」という声もあります。ある、コヒ−シブシリコンを挿入した人ですが、仕上がりの形は満足したものの、感触の悪さが理想とは違ったようです。カウンセリングでは、徐々に柔らかくなると言われたそうですが、仰向け状態のバストの固さに悩んでいるようです。 脂肪注入法を受けて困っている人の例もあります。 豊胸手術を受けてから約2年経っている人ですが、バストに注入した脂肪が固まっているような感じがするそうです。また、手を上に挙げると、バストの形が不自然に見えることが不満のようです。

このように、豊胸手術を受けた人には、不満を感じる人もいるわけです。感染症や合併症などの発症に対しても注意しなければいけません。このため、信頼できる医師を探すことです。また、成長期の豊胸手術は避けたほうが良いでしょう。

■本サイト人気コンテンツ


★ プチ整形で二重まぶたに
目元周りのプチ整形にも、今は様々な方法があります。二重のラインを作る美容整形として、切開法があります。まぶたの余分なタルミや脂肪を取る美容整形です。希望する・・・ 続きを読む

★ 鼻のプチ整形について
プチ整形隆鼻術は鼻筋を通して鼻を高くする手術です。自家軟骨やプロテーゼという人工軟骨を骨膜の下に挿入して鼻を高くしますがプロテーゼにはいろいろな種類があり・・・・ 続きを読む

★ プチ整形による豊胸
プチ整形による豊胸の方法としては人工乳腺法があります。バッグプロテーゼと呼ばれる人工乳腺を挿入する方法ですが乳腺下に挿入する方法と大胸筋下に挿入する方法・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 治せる場所は?
◆ どんな歴史がある?
◆ ヒアルロン酸の注入
◆ ボトックス注射
◆ カウンセリング編
◆ 実際の施術編