■プチ整形で二重まぶたに


目元周りのプチ整形にも、今は様々な方法があります。二重のラインを作る美容整形として、切開法があります。まぶたの余分なタルミや脂肪を取る美容整形です。希望する二重のラインに合わせて切開し、そこから余分な脂肪を取り除きます。キレイに縫合され、切開の跡は目立ちません。縫合したラインが二重のラインになるわけです。手術後、ほぼ永久的に二重を維持できます。切れ長な印象を与え、より大きく自然な目にする美容整形として、目尻切開法もあります。

プチ整形埋没法というものもあります。医療用の細い糸をまぶたの皮膚に埋め込む方法です。基本的に、メスを使わず糸で留めるだけの施術法です。糸を完全にまぶたに埋め込む完全埋没法と、まぶたの中の瞼板に、糸を2、3箇所留めるだけの方法とがあります。手術時間は15分〜30分と短時間で、費用も切開法に比べ安く済みます。ただ、まぶたの脂肪が多かったりすると、まれに、元に戻ってしまうケースもあるみたいです。

東洋人に多く見られるもので、皮膚が目頭にかぶさる形で、目を小さく見せてしまうひだがあります。蒙古ひだと呼ばれますが、目と目の間が離れて見えたり、つり目のように見えるのは、これが原因の場合があります。この蒙古ひだを解消する方法として、目頭切開法があります。つり目やたれ目の人、目が細いため、きつい視線に見えてしまう、といったケースに効果があり、よりやさしい印象となります。目頭にある余分な蒙古ひだを切除することで、目を大きく、すっきりと見せることが出来ます。

こうして見ると、目元のプチ整形にも様々な方法があることが分かります。自分にあった施術を見つけるよう、よく調べ、相談してみることでしょう。

■本サイト人気コンテンツ


★ 鼻のプチ整形について
プチ整形隆鼻術は鼻筋を通して鼻を高くする手術です。自家軟骨やプロテーゼという人工軟骨を骨膜の下に挿入して鼻を高くしますがプロテーゼにはいろいろな種類があり・・・・ 続きを読む

★ プチ整形による豊胸
プチ整形による豊胸の方法としては人工乳腺法があります。バッグプロテーゼと呼ばれる人工乳腺を挿入する方法ですが乳腺下に挿入する方法と大胸筋下に挿入する方法・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 治せる場所は?
◆ どんな歴史がある?
◆ ヒアルロン酸の注入
◆ ボトックス注射
◆ カウンセリング編
◆ 実際の施術編