■ボトックス注射


プチ整形には、大きく分けると二つの方法がありました。一つはヒアルロン酸の注入ですが、もう一つはボトックス注射といわれるものです。ボトックス注射では、ボツリヌス菌といわれる菌を使用します。これは直中毒の原因菌とも言われているものですが1度の治療に使われる量が食中毒を起こす可能性のある量ではないとされているので、この治療で中毒を起こす可能性はないといわれています。

筋肉と神経の接合部分にこのボトックスは働きかけるとされています。ここに働きかけることで局所的に筋肉の働きを弱めることができます。筋肉の収縮の要因になる物質をブロックする働きを持つので、筋肉の動きを抑制することができるといわれています。ここに作用するために、筋肉の過剰な収縮をけん制することになり、しわを減少させることができるのです。

筋肉の緊張が強い部分には、ヒアルロン酸を注入しても効果が持続しないといわれていて、この部分に対してボトックスは大きく働きかけることができるのです。額や眉間のしわなどの治療には最適の治療法といわれています。

また、ボトックスの注入は、効果がすぐに出ることが大きな特徴です。微量を注入しても、数日で効果を発揮するといわれています。また、持続力も長く、1年あまり効果が持続するといわれています。こうしたさまざまな特徴から、ヒアルロン酸と使い分ける形でボトックスの注入が用いられているのです。ただし、ボツリヌス菌の既往症などがある場合、注入ができない場合もありますので、問診を受けてから施術を受けるようにしましょう。

■本サイト人気コンテンツ


★ プチ整形で二重まぶたに
目元周りのプチ整形にも、今は様々な方法があります。二重のラインを作る美容整形として、切開法があります。まぶたの余分なタルミや脂肪を取る美容整形です。希望する・・・ 続きを読む

★ 鼻のプチ整形について
プチ整形隆鼻術は鼻筋を通して鼻を高くする手術です。自家軟骨やプロテーゼという人工軟骨を骨膜の下に挿入して鼻を高くしますがプロテーゼにはいろいろな種類があり・・・・ 続きを読む

★ プチ整形による豊胸
プチ整形による豊胸の方法としては人工乳腺法があります。バッグプロテーゼと呼ばれる人工乳腺を挿入する方法ですが乳腺下に挿入する方法と大胸筋下に挿入する方法・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 治せる場所は?
◆ どんな歴史がある?
◆ ヒアルロン酸の注入
◆ ボトックス注射
◆ カウンセリング編
◆ 実際の施術編